So-net無料ブログ作成

中国山地幻視行~周回ルートは通行禁止 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~周回ルートは通行禁止

 

 8月11日は山の日。せっかくこんな日が設けられているのだから山に行かねば、と思いつつも、30度を超す天気予報に恐れをなし、つい手ごろなところ、三倉岳で手を打ってしまった。

 見慣れた登山道の入り口に、何やら大仰な看板が立っていた。いつもの「熊注意」かと思ったら違った。三つあるピークのうち、中岳から夕陽岳に向かうルートが通行止めという。おそらく、先日の西日本豪雨のためであろう。この山に登るときは、いつも朝日岳→中岳→夕陽岳の周回ルートを取るので、変更が必要である。

 登山道をしばらく進むと左右に分岐する地点がある。いつもはここで右に折れるが、左に折れた。夕陽岳に直接向かうためである。実を言うと、右に折れて反時計回りの方が、登りが短く楽である。左に回ると、夕陽岳までの登りが長く、しんどい。しかし、今回はそんなことは言っておれない。中岳→夕陽岳ルートが通行禁止なのである。

 危惧していたが、気温計は30度を指していた。幸いルートはほぼ全域が木陰のため直射日光は避けられたが、無風がつらい。なんとか7合目までたどり着いたが、暑さでよれよれであった。9合目を過ぎると、山頂とキレットの分岐が現れる。テープが厳重に張られ、通行止めの固い意思が示されていた。

 なんとか山頂にたどり着くと、男性が二人陣取っていた。こんな日でも登る人はいるんだなあ、と感心したが、これも「山の日」のご威光かもしれない。ひょっとして近くの山にも豪雨禍の傷跡があるかと山頂から見まわしたが、目につくほどのものはなかった。

 そんなわけで、この日はいつもの周回ルートをたどることはできなかったばかりか、予想外のルート変更と暑さで、いつもの倍疲れてしまった。


DSC02014のコピー.jpg
途中、通行止めの箇所ありの看板が…

DSC02016のコピー.jpg
ここから右へ回らず左へ

DSC02017のコピー.jpg
とりあえず7合目まで来たが、暑い

DSC02025のコピー.jpg
夕陽岳直下には厳重に通行止めのテープ

DSC02018のコピー.jpg
羅漢山方面を望む。山はのどかだ

DSC02021のコピー.jpg
麓の栗谷町方面を望む

DSC02030のコピー.jpg
三倉岳。真ん中と左のピークの間のキレットが通行止めになっている


nice!(7)  コメント(2) 

nice! 7

コメント 2

山子路爺

三つのピークが並んで……爺ガ岳が浮かんで来ました。

by 山子路爺 (2018-08-15 09:39) 

asa

≫ 山子路爺 さん

爺が岳が出てくるとは思いませんでした。さすが。隣の鹿島槍はピーク二つですしね。
by asa (2018-08-15 15:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。