So-net無料ブログ作成

中国山地幻視行~大江高山・花をめで稜線歩き [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~大江高山・花をめで稜線歩き


 日本海に面した大江高山(島根県大田市)に登った。ふもとから見上げるとラクダのこぶのような形をしている。トロイデ型火山の集合体といわれる。
 主に二本の登山路が使われているが、一般的なルートを選択する。一般と非一般の差は、急峻であるかどうかによる。火山形成の山だけに、直登すればかなりのアルバイトを強いられる。とりあえずは、力量に合わせた選択である。どちらの登山路も、出発点は標高300㍍ほど。山頂は808㍍である。
 といっても、登ってみればなかなかのもの。いきなりの急登とジグザグ道が1時間ほど続く。しかし、その後はなだらかな稜線歩きと、いくつかのピーク越えが待っている。道のわきには小さな花、視線を上げれば時折り広がる日本海の海岸線。最近、減少が激しいとされるギフチョウも見かけた。カメラを向けても飛び立つ気配はない。幼虫はカンアオイの葉を食用とすると聞く。その通り、近くにカンアオイの花を見つけた。
 山頂からは三瓶山が間近だった。その沖合に島根半島が長く伸びる。眼下の入江は温泉津あたりか。その手前には、大森銀山跡があるはずだ。
 山行の最大の眼目はミスミソウであったのだが、わずかに数輪見かけただけだった。どうやら最盛期は過ぎたらしい。残念であった。


IMG_0835のコピー.jpg
イカリソウ

IMG_0851のコピー.jpg
イズモコバイモ

IMG_0856のコピー.jpg
カンアオイ。花自体はグロテスクである

IMG_0864のコピー.jpg
ギフチョウ

IMG_0901のコピー.jpg
ミスミソウ

IMG_0880のコピー.jpg
ぼこぼことした三瓶山。大江高山と同じく火山活動で形成された

IMG_0883のコピー.jpg
入江は温泉津あたりか。手前は大森銀山跡と思われる

IMG_0881のコピー.jpg
沖合にかすむ島根半島



 

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

山子路爺

そろそろ山歩きに出かけたいです。

by 山子路爺 (2016-04-17 13:31) 

asa

≫山子路爺さま
気候も良くなりましたし、そうですねえ。
by asa (2016-04-21 07:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0