So-net無料ブログ作成

新しいレンズ~中国山地幻視行・深入山 [中国山地幻視行]



新しいレンズ~中国山地幻視行・深入山

 思案の結果、レンズを一本買った。CANON24-70F4である。10万を少し出る買い物で、結構な大決心であった。理由は二つある。標準ズームとして24-105F4を使っていたが、少々重く感じ始めたこと。もう一つは、専用マクロとズームを持ち歩くのが負担になり始めたこと。どちらも、基本的な問題は「重さ」である。実は、ボディーは5Dを使っていたが、これも重さに耐えかねて既に6Dに切り替えた。

 新しいレンズの性能はいかほどかと、深入山に行ってみた。路傍の花と、なだらかな山容を切り取った。その結果は―。

 当たり前だが、マクロの写真は専用レンズに比べれば画質が落ちる。一応、マクロ風の写真も撮れるよね、と理解した方がいいだろう。しかし、レンズ2本持ち歩くことを考えれば、ぜいたくは言えない。標準ズーム域は、24-105より優れているようだ。特に、24-105では四隅の画像の崩れが気になっていたが、それが解消されたのはうれしい限りだ。

 一方、重さは。5Dを6Dに変えた時、ボディーは130g軽くなった。バッテリー、カード(6DはSDカードのみ)を換算すると約200gは違うはずだ。レンズは70g軽くなったので、ざっとコンデジ1個分軽くなったことになる。さらに、収めた時のレンズの胴長が若干短くなり、それも「軽さ」感につながっている。

 -と書きながら、後ろめたい思いがするのは、最近一眼レフの出番がめっきり減っていることである。このブログも、ほとんどはコンデジもしくはミラーレスでカバーしているのだ。反省。
 山は暑かった。もう夏の山である。遠くはかすんでいた。早めの登山だったので、出会う人は少なかった。山頂で飯を食っている頃、やっと一人と出会ったくらいである。それでも、ぼちぼちと林間を下る頃、いくつかのグループが登るのと出会った。ザックにはクマよけの鈴をつけていたので、「あらいい音ね」と言ってくれた女性のグループもいた。

 
IMG_8492のコピー.jpg

アザミと蝶 

 
IMG_8537のコピー.jpg

尾根道


 
IMG_8559のコピー.jpg

草原


 
IMG_8570のコピー.jpg

アジサイの咲くころ


 
IMG_8344のコピー.jpg

CANON6D+24-70


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 4

山子路爺

もう少しだけ重めのカメラで頑張ります。
経済的な理由で……。






by 山子路爺 (2015-06-25 16:10) 

asa

≫山子路爺 さん
うーむ。この年になると「経済」をとるか「体力」をとるか、悩ましいですね。
by asa (2015-06-25 16:59) 

Jetstream

やっぱり一眼はよく撮れますね!
私はもう一眼はあきらめ、ミラーレスとコンデジだけです。 軽さには勝てません。 私は腕も良くないし、反省なし (笑) です。
by Jetstream (2015-06-27 00:11) 

asa

≫Jetstreamさん
残念ながら、わがほうも「腕よりカメラ」なので、なかなか一眼から離れられません。で、一眼、ミラーレス、コンデジ、と毎回どれを持っていくか悩みます。でも、一眼でレンズ2本以上持っていくのは確実につらくなりました。
by asa (2015-06-28 10:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0