So-net無料ブログ作成

中国山地幻視行~光る海 宮島・弥山 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~光る海 宮島・弥山


 ここ数年、恒例になった正月の宮島・弥山登山を今年も実行した。1月3日。昨年は4日、一昨年は3日、その前の年は4日だった。午前8時過ぎ、家を出て近くの駅から電車に乗る。ごっとんとのんびり30分ほどで宮島口に着く。宮島(厳島)の本土側対岸だ。ここからフェリーに乗る。15分ほどで鳥居の横の船着き場につく。

 全国的に寒波の襲来で、各地の山では遭難が相次いでいる。宮島は瀬戸内海の島であり、極端な悪天は滅多にない。この日も、薄曇りで小さな風花のような淡い雪が舞っていたが、凍えるほどの寒さではなかった。厳島神社の前を通ったころはまだ9時過ぎで、初詣の列も長くはなかった。大聖院横の登山口に着いたのが9時半過ぎ。ぼちぼち、と登り始めた。やや肌寒い感じがちょうどいい。

 途中1回の休憩で山頂着が11時前。標高は530㍍だが、島にある山のため登りは海抜ゼロ㍍から。そこそこ汗をかく。広がる広島湾の海は湖面のように静かで、細かいさざ波が雲間の淡い光を散らしていた。いつもながら、ここから見る海は心を落ち着かせる。頂上広場で握り飯を食っているころ、ようやく登山者が多くなった。

 帰途、駒が林を訪れた。毛利と大内の厳島合戦が最終的に決着した戦場である。といっても、大きな岩があるだけ。こんなところに100騎もの馬と武士がこもったとは、信じられない。台風による洪水と強風で流されたり、壊れたりした小さな神社と仁王門が再建されていた。

 早めに帰宅すると、NHK大河ドラマ「平清盛」の総集編をやっていた。この手のものはあまり見ないのだが、眺めていると意外によくできたドラマであることに気付いた。松山ケンイチの演技もなかなかだ。しかし、視聴率は低いしご当地の評判も悪いらしい。新興のヒーローより滅びゆく悪役の方がドラマとしては面白いのでしょうが、たぶん世の中の評価としては逆なんでしょうね。

※宮島は中国山地には属しませんが、便宜上「中国山地」の分類に入れています。

 
IMG_0016のコピー.jpg

弥山頂上から広島湾を望む 

 
IMG_0001のコピー.jpg

厳島の定番の風景

 
IMG_0002のコピー.jpg

これも定番の風景

 
IMG_0042のコピー.jpg

登山路の途中から。山は雪でけぶっている

 
IMG_0028のコピー.jpg

厳島合戦の最終戦場となった駒が林。周囲が切れ落ちて天然の要塞

 
IMG_0025のコピー.jpg

再建された仁王門

 
IMG_0023のコピー.jpg

再建のいきさつ

 
IMG_0007のコピー.jpg

こちらは神社再建のいきさつ


タグ:初詣 厳島 弥山
nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 7

ken_trekking

良い眺めですね。それに海抜0mからの
登山と言うのは魅かれるものがあります。
by ken_trekking (2013-01-06 16:41) 

asa

≫ken_trekkingさん
そうです。ここは正真正銘、ゼロメートルからです。
正月にのんびり行くにはちょうどいい標高差ですね。
by asa (2013-01-07 09:33) 

山子路爺

遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。

一度だけ訪れたことのある宮島……駆け足だったので、今度はじっくり歩きたいです。出来れば紅葉の時期に。

今年もよろしくお願いいたします。

by 山子路爺 (2013-01-07 10:16) 

水郷楽人

本年もよろしくです。(^_^)/。。
7年ほど前の正月に厳島神社へ初詣に出掛けました。
by 水郷楽人 (2013-01-07 17:52) 

asa

≫山子路爺 さん
今年もよろしくお願いします。
紅葉の頃、いいですねえ。ぜひ。

≫水郷楽人さん
ことしもよろしく。
楽しいブログ、拝見させていただきます。
by asa (2013-01-08 08:17) 

Jetstream777

本年もよろしくお願いします。
山からの瀬戸内の海を眺め下すなんていいですね。 !(^^)!
by Jetstream777 (2013-01-08 23:33) 

asa

≫Jetstream777さん
今年もよろしくです。
by asa (2013-01-09 09:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0