So-net無料ブログ作成

中国山地幻視行~白木山・お地蔵さんが見ている [中国山地幻視行]

 中国山地幻視行~白木山・お地蔵さんが見ている

  紅葉めぐりの締めくくりは臥龍山あたりか、と山行を計画していたら事件の現場になるという予想外の展開。しばらくはあきらめるしかないだろう。で、近くの山、例えば深入山あたりもいいかな、とも思ったがどっちみちこちらは物見遊山の旅。そうまでして近接の地域に行くこともないか、と思い直していつもの白木山に登ることにした。
 「いつもの」と書いてしまったが、前回登ったのは?…。写真の撮影記録では9月16日とある。11月8日の時点でほぼ2カ月近いブランク。そんなに行ってなかったか。
 白木山を、実はひそかに「広島のカンチェンジュンガ」だと思っている。カンチェンジュンガはヒマラヤの8,000㍍峰としては珍しく人間の居住地からよく見えるという。どっしりとした山容(だと思う。写真を見ると)。紅茶の産地としても有名な避暑地ダージリンに行けば見えるらしい。いつかは訪れて眺めてみたい。白木もまた広島市内からよく見える。そして山が大きい。大きいから登りがいがある。でも、どうしようもない違いは標高。この山は1,000㍍もない。しかし、いい山だ。
 いつもは白木の側の正面登山口から登る。今回は少し変えてみた。登山口を右手にやり過ごし、まっすぐ進む。バリエーションルートと言われるコースを行く。入り口付近に小さな案内板がある。ほかに檜尾根コース、椿谷コース、直登コースがあり、ここから4つに分かれているらしい。
 しばらく行くと小さな沢を渡る。本格的な登りが始まる。道はあまりよくない。というより、直登に次ぐ直登。見上げても見上げても、登りが続く。見晴らしはまったくきかない。位置関係が把握できない。高度計の付いた腕時計だけが頼りだ。「今400㍍」「600㍍を過ぎた」と、こんな感じで登り続ける。土曜日だが、前からも後からもだれとも出会わず。こういうコースなら当然か。それでも1時間余り歩くとやや傾斜が緩やかになってきた。頂上が近い。そのうち尾根を歩くようになる。紅葉の道。見慣れた鉄塔が近づいてきた。そして頂上。空は晴れていた。見上げると細く飛行機雲。カメラを取り出して構えるともう消えていた。
 下山は正面登山口を使った。この道にはお地蔵さんがいくつかあり、味わいのある表情で登山者を見守っている。数えたら6体あった。3合目付近に「穴地蔵」というのもあり、洞窟の奥に納まっている。これを含めると7体になる。季節ごとに新しい身ごしらえで、地元の人たちに大切にされていることが分かる。道すがら、それぞれカメラに収めさせてもらった。

 
 臥龍山の女子大生遺棄はひどい事件だ。本人はもとより、ご両親の心中を察すると胸が痛む。怒りがこみ上げる。

  登山口(120分)白木山頂上(80分)登山口

 ★歩行時間には撮影時間が含まれています。

 
2009 11 07_白木山_4合目0970のコピー.jpg

 4合目にあるお地蔵さん

 
2009 11 07_白木山3.5合目0979.JPG

 4合目と3合目の間にあるお地蔵さん

 
2009 11 07_白木山_3合目0989のコピー.jpg

 3合目のお地蔵さん

 
2009 11 07_白木山2合目0997のコピー.jpg

 2合目のお地蔵さん

 2009 11 07_白木山1合目_1002のコピー.jpg

1合目のお地蔵さん

 
2009 11 07_白木山登山口1006のコピー.jpg

 登山口にもちゃんとある

 
2009 11 07_白木山_1008.jpg

 バリエーションルート入口の案内板

 
2009 11 07_白木山_1012のコピー-2.jpg

 登れど、登れど…

 2009 11 07_白木山_1013のコピー-2.jpg

 頂上は近い


nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 3

yakko

お早うございます。初めまして。
お越しいただきniceをアリガトウございます。
白木山という山ですか、お地蔵さんがいらっしゃいますね。
臥龍山の事件は恐ろしさで震えました・・・
by yakko (2009-11-12 09:07) 

Yoshiki

はじめまして。
ご訪問&nice!ありがとうございます。
紅葉めぐり、楽しそうですね。私も明日、奥多摩にいってきます。
今後ともよろしくお願いします。
by Yoshiki (2009-11-14 18:43) 

よしころん

ご訪問ありがとうございました♪

by よしころん (2009-11-15 19:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0