So-net無料ブログ作成
四季・彩時記 ブログトップ

桜開花~四季・彩時記 [四季・彩時記]

桜開花~四季・彩時記

 桜の季節である。櫻の樹の下には屍体が埋まっている、と書いたのは梶井基次郎で、その解釈はさまざまあろうが、とりあえずはその背後に「死」のにおいを感じさせるほど凄みある美しさが桜にはある、とでも言っておこうか。
 中国山地の里山に咲く桜を見て回った。サクラの語源としてサ(稲)の神が憑依するクラ(座)だとする説もあるくらいで、桜は里山によく似合う。
 広島市の西方、廿日市市津田に向かう県道30号のそばに立派なしだれ桜がある。小川沿いに無造作に立ち案内板も何もないが、時に遠来の花見客もいる。ちょうど見ごろだった。
 次に向かったのは広島市佐伯区湯来にある湯の山温泉のしだれ桜。案内板によると樹高18㍍という。昭和7年に苗が植えられたというから、樹齢85年になる。周囲の山々を借景に、見事な咲きぶりだった。
 続いて訪れたのが旧JR可部線の安野駅。中国山地の人口流出に伴って2003年に廃線になり、使われなくなった駅舎とプラットホームを囲むように桜が咲き誇っていた。桜と廃線の取り合わせが移り行くものの哀しさを漂わせ、花の美しさにとどまらず何かを物語っていた。例年、黄色の菜の花とのアンサンブルが見事だが、今年は桜開花が遅かったため見ることはできなかった。
 広島市近郊の中国山地をちょうど時計回りにめぐった。途中、道路沿いの桜も目を楽しませてくれた。花の向こうに太田川の川面がきらめいた。


IMG_3906のコピー.jpg
県道30号わきに咲くしだれ桜

IMG_3916のコピー.jpg
湯の山温泉のしだれ桜

IMG_3934のコピー.jpg
湯の山温泉のしだれ桜

IMG_3931のコピー.jpg
湯の山温泉の桜

IMG_3945のコピー.jpg
旧安野駅の桜

IMG_3946のコピー.jpg
旧安野駅の桜

IMG_3955のコピー.jpg
旧安野駅・廃線と桜

IMG_3958のコピー.jpg
旧安野駅・使われなくなった車両が置いてある

IMG_3942のコピー.jpg
道路脇にも見事な桜が


春は滝のごとく~四季・彩時記 [四季・彩時記]

春は滝のごとく~四季・彩時記


 このところ天候は不安定である。そんな中、つかの間の晴れ間を狙って中国山地を車で周回した。しだれ桜は湯来・湯の山温泉である。黄色いミツマタの花もそこで見つけた。桜や菜の花の競演は安野の、廃線となった駅付近である。桜色と赤、黄の滝のような競演は帰り際、道路端で見かけた。山すそを登り、ちょうど花見の宴たけなわのころ、お邪魔して撮影した。

IMG_1464のコピー.jpg

IMG_1484のコピー.jpg

IMG_1498のコピー.jpg

IMG_1518のコピー.jpg

IMG_1520のコピー.jpg

IMG_1524のコピー.jpg

IMG_1532のコピー.jpg

IMG_1546のコピー.jpg


タグ: 中国山地

四季・彩時記~宮島の紅葉 [四季・彩時記]

四季・彩時記~宮島の紅葉

 宮島へはこの5年ほど、年の初めにしか行っていない。1年の計を立てると称して、島の山頂、標高530㍍の弥山に登るためだ。たまには紅葉を眺めてみるか、と1123日、訪れた。

 紅葉は、ピッタリのタイミングだった。瀬戸内海に浮かぶ島のため周辺地域より暖かく、毎年紅葉前線の最終ランナーである。この地方では、おそらく今年もこれが見納めになるだろう。

 まずは「岩惣」という古い旅館(おそらく江戸時代からある)が奥まった位置にある「もみじ谷公園」をのぞく。午前8時台と早かったため、紅葉を通して朝日がまぶしい。公園を通り抜けるころ、道はふた手に分かれる。左を行けばロープウェー、右は山頂への登山道。一応身支度は整えているのでロープウェーには乗りにくい。登山道へと足を踏み入れる。川沿いのため、傾斜はそれほどきつくはない。1時間もたたず、ロープウェー終点から山頂へと向かう尾根道に飛び出る。さすがに人が多くなる。登山姿でない観光客も目立つ。そこから20分ほどで山頂。展望台は、2階部分が立ち入り禁止になっていたが無事、再オープンしていた。見ると手すり部分ががっちりしたものに替えられている。

 この展望台から瀬戸内海の小島を眺め、下に降りたころ見覚えのある顔。以前、深入山と恐羅漢で出会ったSさんと三たびのばったりである。冒頭で書いたように、この山にこの時期登るのは近年ないことだった。それを考えると、極めて珍しい偶然と言えよう。Sさんも驚いていた。

 
IMG_0317のコピー.jpg

IMG_0319のコピー.jpg
 

 
IMG_0335のコピー.jpg

 
IMG_0353のコピー.jpg

 
IMG_0362のコピー.jpg

 
IMG_0376のコピー.jpg

 
IMG_0390かえのコピー.jpg

 
IMG_0396のコピー.jpg


 
IMG_0397のコピー.jpg

 
IMG_0401のコピー.jpg



三原・佛通寺の紅葉~四季・彩時記 [四季・彩時記]


三原・佛通寺の紅葉~四季・彩時記

 ほぼ1年ぶり、三原の山間にある佛通寺を訪れた。昨年は紅葉を眺めるには多少早いか、というタイミングだったが、今年はピークをやや過ぎたか、といったころ合いだった。難しいものだ。昨年は雨模様、今年は曇天。昨年の方が、紅葉にツヤがある印象があるが、それでも時に滝のように、時に嵐のように晩秋を彩る木々の赤は見事である。佛通寺のいわれについては昨年書いたのでご参照願いたい。
 

 

 
IMG_0228のコピー.jpg

 
IMG_0240のコピー.jpg

 
IMG_0249のコピー.jpg

 
IMG_0253のコピー.jpg


 
IMG_0257のコピー.jpg

 
IMG_0259のコピー.jpg

 
IMG_0268のコピー.jpg

 
IMG_0284のコピー.jpg

祭りのころ~四季・彩時記 [四季・彩時記]

祭りのころ~四季・彩時記

 

 太鼓の音が、遠く響く。神社は祭りの日だ。神楽に花火。夜が更けるのは早い。(1018日、広島・古江新宮神社)

IMG_9343のコピー.jpg
 

 
IMG_9350のコピー.jpg

 
IMG_9378のコピー.jpg


タグ:祭り 神楽

四季・彩時記~水の容器 [四季・彩時記]

四季・彩時記~水の容器

 所用で島根県へ出かけた。早朝、山里の道を歩いた。アジサイが満開であった。それにしても、アジサイという花は不思議だ。一つとして同じものがない。アジサイの語源はいくつかの説があるが、藍色の集合体を意味する「あづさい(集真藍)」が広く知られている。ただ、私は学名「ヒドランジア」をひそかに支持している。日本語に訳せば「水の容器」。

 
IMG_0121のコピー.jpg

 
IMG_0125のコピー.jpg

 
IMG_0127のコピー.jpg

 
IMG_0129のコピー.jpg

 
IMG_0130のコピー.jpg

 
IMG_0132のコピー.jpg

 
IMG_0133のコピー.jpg

 
IMG_0135のコピー.jpg

 
IMG_0136のコピー.jpg

 
IMG_0137のコピー.jpg





 
IMG_0140のコピー.jpg

四季・彩時記~春の予感が [四季・彩時記]

 四季・彩時記~春の予感が

 
IMG_6718のコピー.jpg

日差し


 
IMG_6719のコピー.jpg

微笑み

 
IMG_6721のコピー.jpg

空よ、宇宙よ


四季・彩時記~秋桜 [四季・彩時記]

 四季・彩時記~秋桜

国営備北丘陵公園から

 
IMG_6217のコピー.jpg

 
IMG_6218のコピー.jpg
IMG_6229のコピー.jpg
 
 
IMG_6230のコピー.jpg
 
IMG_6249のコピー.jpg
 
IMG_6262のコピー.jpg
 
IMG_6265のコピー.jpg
 
IMG_6275のコピー.jpg

四季・彩時記~バラの香りが [四季・彩時記]

 

四季・彩時記~バラの香りが

 

IMG_5457のコピー.jpg
 

 

 
IMG_5475のコピー.jpg

 
IMG_5483のコピー.jpg

 
IMG_5487のコピー.jpg

IMG_5495のコピー.jpg
 

IMG_5513のコピー.jpg
 

IMG_5523のコピー.jpg
 

IMG_5530のコピー.jpg
 

 
IMG_5537のコピー.jpg

タグ:写真 バラ

四季・彩時記~五月雨の色 [四季・彩時記]

四季・彩時記~五月雨の色 

IMG_4967のコピー.jpg
 

素知らぬ顔で

 
IMG_4973のコピー.jpg

 危うきに近寄らず

IMG_4975のコピー.jpg
 

 見てよ、みて

IMG_5172のコピー.jpg
 

 存在感

 
IMG_5178のコピー.jpg

 野に咲きて


四季・彩時記~雨の日には [四季・彩時記]

 四季・彩時記~雨の日には

 
IMG_4448のコピー.jpg

 楚々として

 
IMG_4451のコピー.jpg

うたう歌は

 
IMG_4450のコピー.jpg

 小さな宇宙

 
IMG_4455のコピー.jpg

 やっと咲いたのです


四季・彩時記~春色の [四季・彩時記]

 四季・彩時記~春色の

2010 03 02_花_0416のコピー.jpg
 

 旋律が聞こえる

 
2010 03 26_花_0620のコピー.jpg

 空よ

 
2010 03 26_花_0619のコピー.jpg

 物語の予感


四季・彩時記 ブログトップ