So-net無料ブログ作成
検索選択

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走<4=完> [南アルプス幻視行]

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走<4=完>

 

≪出会った花≫

IMG_4291のコピー.jpg

ゴゼンタチバナ


IMG_4299のコピー.jpg

テガタチドリ


IMG_4313のコピー.jpg

タカネビランジ


IMG_4316のコピー.jpg

タカネビランジ(色違い)

 
IMG_4323のコピー.jpg

ハクサンシャクナゲ


IMG_4340のコピー.jpg

ヨツバノシオガマ


IMG_4352のコピー.jpg

タカネグンナイフウロ


IMG_4380のコピー.jpg

クルマユリ


IMG_4398のコピー.jpg

ホタルブクロ


IMG_4405のコピー.jpg

シモツケソウ


nice!(5)  コメント(0) 

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走〈3〉 [南アルプス幻視行]

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走<>

 

≪第3日=730日≫

 

 いきなりだが、時計を逆回しする。前日(29日)の昼過ぎ、鳳凰小屋に着いたころから雨が本格的になった。軒先を借りてビールを飲んでいると、目の前の石段を上がってくる人の列が引きも切らない。雨の中を、である。新宿から甲府まで特急で1時間半、韮崎まででも2時間という地の利であろう。おかげで小屋は超満員になった。ザックも衣類も湿ったままである。あらためて雨天を恨んだ。

 翌日、つまり30日は曇りの予報であったが、天候ははっきりしなかった。地図上は下り3時間半ほどである。しかし、急坂の上、雨で滑る木の根に足をとられ、思い通りのペースにならない。林間に一瞬漏れた朝日や燕頭山の笹原には目を奪われたが、それにもまして難行苦行の下りであった。この難路を逆に登ろうなどとは、とても思えなかった。鳳凰小屋が標高で約2400㍍、御座石鉱泉が標高1000㍍と少しであるから、登りなら1400㍍近くを稼がなければならない。

 御座石鉱泉の裏手に降り立つと、立派な百合の花が咲き競っていた。久々に人の暮らしのにおいをかいだ気分であった。

 

IMG_4385のコピー.jpg
朝日が林間の道を照らしたのは、この時だけだった

IMG_4400のコピー.jpg}
燕頭山手前に広がる笹原


nice!(2)  コメント(2)