So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

一見軽そうだが内容は深い~山の図書館 [山の図書館・映画館]

一見軽そうだが内容は深い~山の図書館

 

「地図のない場所で眠りたい」(対談:高野秀行・角幡唯介)

 

 「謎の独立王国ソマリランド」や「アヘン王国潜入記」の高野と「空白の五マイル」や「アグルーカの行方」の角幡による対談。ともに探検家・冒険家であるとともにノンフィクションのライターである。そしてもう一つの共通項は早大探検部のOBであること。外形的には似通っているが作家としての資質、出来上がった作品の手触りはまるで違う。10歳違い(高野の方が年上)の二人が、それぞれどこがどう違い、どこが似ているかを相互分析、自己分析を交えて語り合った。帯に「自身の〝根っこ〟をさらけ出し、語り合った」とあるが、この言葉がピタリの対談である。

 「探検」と「冒険」の違いについて、二人はこういっている。

 角幡「探検というのは基本的に土地の問題だと思っているんです。いっぽうで冒険というのは人の物語」

 高野「冒険って枠がちゃんとあってさ。その範囲がはっきりしている」

 角幡「「探検はテーマと場所が与えられているだけで、そこで何をしたらいいのかというのは個人の工夫になってくる」

 角幡はさらに「冒険か探検かは切り取り方の問題」とも言う。二人の作品を見ると、角幡のそれは「冒険」色が強く、高野のそれは「探検」色が強いように思えるが、あくまでも、おしなべての話である。個別の作品に触れれば、それぞれに思いはある。その中で角幡が、自身の代表作「空白の五マイル」と「アグルーカの行方」をどう見ているかは興味深い。一見して「アグルーカ…」は構成の妙、文体の洗練ぶりにおいて優れていると思われるが、角幡は「空白の…」を訴求力の点で超えられなかったと感じている。これはその通りだろう。作家は往々にして、世に出た最初の作品を次作が超えられないということが起きるが、角幡の場合もそうかもしれない。

 二人の作品はノンフィクションというジャンルに属するが、周辺分野であるジャーナリズムやフィクションとの比較も試みている。一見すると高野はジャーナリズムに近く、角幡はフィクション(小説)に近いとみられがちだが、それぞれ自身の見立てはどうか。

 高野は、ジャーナリズムとして見るには「自分が出すぎている」と感じているし、角幡は「空白の…」を書き終えた時、「これはノンフィクションなのか」と思ったという。

 角幡はこの感覚について「旅人の表現術」の中の沢木耕太郎との対談でさらに詳しく述べている。

 「書くことを意識してふるまう。これは行為者としてどこか不純なんじゃないかとも思うんです」

 あらかじめ書くことを意識して行為の段階から「編集」しているのではないか。それは、ノンフィクションと呼べるものなのか。

 書くことの不純性―。この問いは、行為者=書き手である角幡ならではの悩みでもあるようだ。

 一方、高野の前出のセリフについては、こんなやりとりもある。

 高野「俺がジャーナリズム」という方向に行かないのは、主義主張とか議論で話を見せたくないから」

 角幡「じゃあ、意識する相手はジャーナリズムより小説ですね」

 高野「そうだね」

 一見したよりもずっと内容が深い一冊である。

 講談社文庫、680円(税別)。

 

地図のない場所で眠りたい (講談社文庫)

地図のない場所で眠りたい (講談社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/10/14
  • メディア: 文庫
 

nice!(5)  コメント(0) 

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走<4=完> [南アルプス幻視行]

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走<4=完>

 

≪出会った花≫

IMG_4291のコピー.jpg

ゴゼンタチバナ


IMG_4299のコピー.jpg

テガタチドリ


IMG_4313のコピー.jpg

タカネビランジ


IMG_4316のコピー.jpg

タカネビランジ(色違い)

 
IMG_4323のコピー.jpg

ハクサンシャクナゲ


IMG_4340のコピー.jpg

ヨツバノシオガマ


IMG_4352のコピー.jpg

タカネグンナイフウロ


IMG_4380のコピー.jpg

クルマユリ


IMG_4398のコピー.jpg

ホタルブクロ


IMG_4405のコピー.jpg

シモツケソウ


nice!(5)  コメント(0) 

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走〈3〉 [南アルプス幻視行]

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走<>

 

≪第3日=730日≫

 

 いきなりだが、時計を逆回しする。前日(29日)の昼過ぎ、鳳凰小屋に着いたころから雨が本格的になった。軒先を借りてビールを飲んでいると、目の前の石段を上がってくる人の列が引きも切らない。雨の中を、である。新宿から甲府まで特急で1時間半、韮崎まででも2時間という地の利であろう。おかげで小屋は超満員になった。ザックも衣類も湿ったままである。あらためて雨天を恨んだ。

 翌日、つまり30日は曇りの予報であったが、天候ははっきりしなかった。地図上は下り3時間半ほどである。しかし、急坂の上、雨で滑る木の根に足をとられ、思い通りのペースにならない。林間に一瞬漏れた朝日や燕頭山の笹原には目を奪われたが、それにもまして難行苦行の下りであった。この難路を逆に登ろうなどとは、とても思えなかった。鳳凰小屋が標高で約2400㍍、御座石鉱泉が標高1000㍍と少しであるから、登りなら1400㍍近くを稼がなければならない。

 御座石鉱泉の裏手に降り立つと、立派な百合の花が咲き競っていた。久々に人の暮らしのにおいをかいだ気分であった。

 

IMG_4385のコピー.jpg
朝日が林間の道を照らしたのは、この時だけだった

IMG_4400のコピー.jpg}
燕頭山手前に広がる笹原


nice!(2)  コメント(2) 

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走〈2〉 [南アルプス幻視行]

南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走<>

 

≪第2日=729日≫

 

 南御室小屋からの急登を、息を切らして登った。標高2600㍍を過ぎても森林限界に達しない。樹林帯の深さに「南アルプス」を実感する。白砂の稜線が目立つようになったころ、巨岩が並ぶピークに着いた。砂払岳であろうか。赤さびた標識が立つが、文字は読めなかった。そこを過ぎると「薬師岳小屋まで10分」の標識があった。

 改修のため今夏は営業していないが、小屋はほぼ出来上がった状態に見えた。再開すれば快適な登山基地になるだろう。10分ほどで、薬師岳山頂。ガスに包まれ眺望はない。所在なく、先着の数人と情報交換した。

 しばらく下ったころ「稜線が見える」と誰かが叫んだ。振り返ると、この山行で初めて見る稜線が目に入った。しかし、つかの間である。再び白砂と岩稜の、日本庭園のような縦走路をいった。

 縦走路の最高峰・観音岳(2840㍍)を過ぎ、地蔵岳のオベリスク(地蔵仏)に着いたころ、再び小雨模様になった。しばらく待ってガスが切れかかったころシャッターを切ったが、辛うじてシルエットがとらえられただけだった。それでも、かつて北岳の頂から眺めたオベリスクがここにあると思うと感慨が深かった。

IMG_4300のコピー.jpg
倒木が作り出したゲート。標高は既に2500㍍を超している

IMG_4307のコピー.jpg
砂払岳のようだが、標識は赤さびて読めない

IMG_4326のコピー.jpg
薬師岳山頂。眺望なく所在なげな登山者たち

IMG_4330のコピー.jpg
薬師を少し下りたころ、山頂が姿を現した

IMG_4331のコピー.jpg
日本庭園のような縦走路

IMG_4335のコピー.jpg
縦走路の最高峰、観音岳

IMG_4363のコピー.jpg
地蔵岳のオベリスクはガスの中

 

 


南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走〈1〉 [南アルプス幻視行]

 
南アルプス幻視行~鳳凰三山縦走〈1〉

  

≪第1日=728日≫

 

 早朝に夜叉神峠についた。雨は降っていなかった。夜叉神峠小屋まで、標高差約400㍍の登りである。道はつづら折りに付けられ、整備されていた。林間に朝日が漏れたが、つかの間だった。

  夜叉神峠小屋は小さな小屋だった。白峰三山の稜線が望めると聞いたが、あたりは乳白色のガスに包まれていた。ここからは緩い登りの縦走路が続く。眺望は望むべくもなく、ひたすら哲学者のように歩くしかなかった。高度を上げるにしたがって、シラビソの林が目につくようになった。

 大崖頭山の山頂を巻くように道がつけられ、「杖立峠」の標識がひっそり立っていた。ひと休みを決め込んでいると、動物が動くのが目に入った。鹿である。人を恐れるふうでもない。登山者が残した食べ物でもあてにしているのだろう。カメラを向けると、ふいとどこかへいった。

 ここから苺平までの行程をしばらく我慢すると、今夜の宿である南御室小屋が近かった。

     ◇

 728日から南ア・鳳凰三山を縦走した。梅雨明け十日を狙って計画したが、梅雨前線はなお消えず、全コースともガスと小雨の中だった。かつて歩いた白峰三山を目に焼き付けておこうと思ったが、願いはかなわなかった。

 

 

IMG_4262のコピー.jpg

夜叉神峠小屋への登り。朝日が漏れたのはつかの間だった

IMG_4269のコピー.jpg
大崖頭山への緩い登りをひたすら歩く

IMG_4279のコピー.jpg
高度が上がるとシラビソが目立つようになった

IMG_4280のコピー.jpg
鹿がこちらを見ている




2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ