So-net無料ブログ作成
検索選択

中国山地幻視行~比婆連山・ササユリとイワカガミ [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~比婆連山・ササユリとイワカガミ

 

 先日、地図を見る機会があり、比婆連山あたりをじっくり眺めた。比婆山の向かいにある吾妻山、それに連なる烏帽子山、毛無山は広島、島根県境にある。というより、山々が古代から国境(くにざかい)を形成してきたといったほうが正確かもしれない。これらを越えると奥出雲町に入る。日本海側から見ての「奥」であるから、広島側から見れば出雲の入り口にあたる。

 毛無山と烏帽子山の鞍部に出雲峠がある。気にかけていなかったが出雲峠とは、ここを越えれば出雲に入るという古人の思いが込められていたのではないか。地図を見て思った。

 6月18日、出雲峠から烏帽子山に入り、比婆山を越えて池の段へ向かった。昨年秋以来である。その前は6月。思いもかけず多くのササユリの咲き誇る姿を見た。今年も見られるのでは、と思いつつ向かった。

 その場所は池の段からの長い下りの途中にある。昨年のような光景はなく、わずかに一輪が楚とした姿を見せたのみだった。昨年は6月末だった。少し早かったのだろうか。その代わり予想しなかったものが見られた。イワカガミである。比婆連山を縦走する中で、複数の個所で淡いピンクの花弁を目にした。といっても今の時期である。くたびれた表情は隠しようもなかった。

 古事記にも登場する神話の地、比婆山には古いイチイの木がある。比婆御陵の入り口に立ち門栂と呼ばれるが、近年衰退が激しい。目にした姿は、下半分が枯れ果て余命いくばくもないと思えた。この古木もいつか倒れる日が来るのだろうか。

IMG_4200のコピー.jpg

「出雲峠」への標識

IMG_4211のコピー.jpg
比婆山山頂に「比婆御陵」がある

IMG_4215のコピー.jpg
枯れ行くイチイの古木

IMG_4241のコピー.jpg
池の段まで来ると明るい稜線が開ける

IMG_4244のコピー.jpg
イワカガミ

IMG_4252のコピー.jpg
ササユリ。崖の方を向いていたので正面から撮れなかった

IMG_4208のコピー.jpg
アカモノ

IMG_4237のコピー.jpg
ミツバオウレン? 自信はない

中国山地幻視行~三倉岳・梅雨入り宣言はしたが [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~三倉岳・梅雨入り宣言はしたが

 

 梅雨入り宣言はしたものの、晴れの日が続く。そこで、三倉岳へと向かった。気温は25度を少し上回る程度。湿度が低いせいか、日陰に入ると涼しい風が吹く。山歩きには絶好の気候と見た。

 とはいえ、石段状の登山道に入ると汗が噴き出す。4合目を過ぎたあたり、頭上から声がした。ロッククライミングに興じる人たちである。あいさつを交わし、なお急斜面を登る。何人かが楽しむ壁には、遅咲きのヤマツツジが張り付いている。

 中岳の頂上には誰もいなかった。周囲の山をしばらく眺める。幸い、霞もかかっていない。大峰山と吉和冠がよく見える。いつも思うのだが、この二つは非対称の山容が実によく似ている。

 中岳から西岳(下の岳)へと向かい、溝状の鎖場に取り付いた。このところ雨が降っていないせいで、鎖も濡れておらず快適。ほどなく西岳。ふもとの集落が見下ろせる岩場で、昼食とする。6月、田植え間近の田には水が張られていた。セルフタイマーをセットして、岩場の先まで行ってみた。カメラの位置が遠かったため、岩場の先に立つには走る必要があったが、うっかり転ぶと両側はさえぎるものがない。つくづく、わが度胸のなさを恨んだ。

IMG_2397のコピー.jpg
壁に張り付いて咲くヤマツツジ

IMG_2398のコピー.jpg
大峰山

IMG_2405のコピー.jpg
吉和冠

IMG_2406のコピー.jpg
空には飛行機雲らしき二筋

IMG_2407のコピー.jpg
水田には水が張られ、田植えを待つ

IMG_2411のコピー.jpg
転ばないかとおっかなびっくり



中国山地幻視行~白木山から宮島が見える [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~白木山から宮島が見えた

 

 小さな鳥居がある山頂は気持ちのいい草原である。階段状の道を我慢してやっとたどり着いた。雲はあるが、空は晴れている。開放感のある頂である。

 白木山は201511月以来。1年半以上も遠ざかっていた。理由は簡単だ。しんどいから。登山口から山頂まで標高差が800㍍近くある。山自体は889㍍だから、ほとんど登らなければならず、その間ほとんど展望はきかない。ひたすら林間の道を下を向いて登る。しかし6月2日、一念発起、久しぶりに登った。最近にしては気温が低く(25度ぐらいだったか)、風があったのが幸いした。

 山頂近くでチェーンソーの音がした。周りを伐採しているようだ。見回すと、何かが変わっていた。南西方向、広島湾に浮かぶ宮島(厳島)が見えた。これまでは大きなアンテナ塔と松林が邪魔をして広島湾方面はほとんど眺望がきかなかった。木を伐採したおかげで、ほぼ360度の展望が得られるようになった。

 しかし、これを登山者に対する地元のサービスと受け取るのは早合点、勘違いというものだろう。この山も周囲の山と同じく松枯れに悩まされている。そのための苦渋の対策とみるのが妥当だろう。それにしても、以前より見晴らしがよくなったことは、素朴に喜びたい。

 ちなみにいえば、この山から南には、条件が良ければ石鎚山が見えるという。北東には大山が。しかし、いまだに二つとも見えた経験がない。今度はもっと条件の良いときに来てみよう。

 

IMG_2360のコピー.jpg
山頂はこんな風景だ

IMG_2361のコピー.jpg
中央やや左の島が宮島。手前に伐採した跡が見える

IMG_2373のコピー.jpg
北西の深入山方面を見る

IMG_2364のコピー.jpg
南には石鎚山が望めるという。まだ見えたことはない

IMG_2355のコピー.jpg
道脇に立つお地蔵さん。どれもいい表情をしている

IMG_2378のコピー.jpg

IMG_2382のコピー.jpg

IMG_2389のコピー.jpg