So-net無料ブログ作成
検索選択

中国山地幻視行~残雪漫歩・深入山 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~残雪漫歩・深入山 

 懸案の仕事がひと段落した。窓の外はいい天気。久しぶりに出かけてみるか。しかし、このところ山はご無沙汰。間違いなく体はなまっている。どうしようか。思案をするより、出かけてみよう。
 深入山。国道からすぐ入ったあたりまで路面は雪で覆われていた。スノーシューを準備。ところが、最近はいていなかったためか、経年劣化のせいか、ゴムバンドが切れてしまった。急いで予備のカンジキに履き替える。スノーシューも、ずいぶん使ったな、そろそろ替え時か。とりあえず、カンジキをはき、急斜面を登った。
 予想に反して山はまだら模様だった。それもそうだ。もう3月も半ばに近い。それでも気を取り直し、雪のあるところを登る。雪質は硬い。急斜面なのでアイゼンの方がよかったか。途中で替えてみた。こちらの方が食い込みがいいようだ。
 しかし。雪は上に行くほど少なくなり、もうすぐ途切れそうだ。そこで、なぜか気が変わり、あちこち雪上を渡り歩くことにした。頂上を目指すだけが山登りでもないだろう。そんな気分で残雪漫歩の一日に。たまには、こんなのもありかな。


IMG_1924のコピー.jpg

あれ、雪がない

IMG_1931のコピー.jpg

スキー場のゲレンデがあるのは、広島県の最高峰・恐羅漢山

IMG_1936のコピー.jpg
この先は雪がなさそう…

IMG_1941のコピー.jpg
近くの丘には、何かのシュプールが一本