So-net無料ブログ作成
検索選択

中国山地幻視行~・思わぬ雪・恐羅漢山 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~・思わぬ雪・恐羅漢山 

 もうすぐ樹林帯を抜けるはずだ。そう思って足元を見ると、カンジキがあらぬ方向を向いている。ベルトが外れたか。雪面に座り込んでカンジキを外す。「!」。ベルトは、外れたのではなく切れていた。
 3月30日、広島・島根県境に位置する恐羅漢山(1346㍍)。スキー場はとっくに営業をやめている。しかし、例年になく雪は多かった。ゲレンデの下部でカンジキをつけ、登り始めた。ゲレンデ最上部へ近づいたころ、人の声がした。3人のスキーヤーが顔を出した。リフトは止まっているが雪はたっぷりある。
 ゲレンデから樹林帯へ入るあたりにロープが張ってあり、「滑走禁止」の看板が下げてあった。登りの足跡はここでUターンしていた。3人はここからスキーを履き、降りたのだろう。ロープから上は、足跡のない雪面だった。踏み入れると、ひざ上まで埋まった。もう3月末である。いつ降った雪であろうか。そういえばここ数日、平野部では雨の日が続いた。そのころ降った雪であろうか。
 ルートを探るのに難儀した。そして深く柔らかい雪である。登りの時間はいつもの倍近くかかったように思う。それでも、見当では9合目近くまで登ったころ、冒頭のカンジキの異変である。どうしようか…。この雪の深さ。片足だけのカンジキで登り切る自信はない。しかし、あと少し。周りの樹林帯には見覚えがある。夏なら頂上まで30分もかからない位置にいると推測された。しかし、今は雪山である。ここまで、2時間以上かかってしまっている。頂上まで、あと1時間はかかるだろう…。しばらく葛藤した末、引き返すことにした。
 下山は自らの踏み跡を忠実にたどった。それでも片足のカンジキでは困難で、ゲレンデまでたどりつくと人心地ついた気がした。

※この山の近辺に住む知人のブログによると、3月27日夜、30~40㌢の雪が降ったという。どうやらこの雪らしい。

IMG_2028のコピー.jpg

リフトが止まったスキー場に3人のスキーヤーが現れた

IMG_2030のコピー.jpg

ゲレンデ最上部

IMG_2037のコピー.jpg

もうすぐ樹林帯を抜けるはずだ

IMG_2038のコピー.jpg
急斜面が続く

中国山地幻視行~残雪の羅漢山 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~残雪の羅漢山 

 羅漢とは阿羅漢の略で、修行僧を指す。ものの本によると、羅漢山という山には奇岩が並び立ち、遠望するとそれらが修行僧のように見えてこの名がついたとされる。しかし、我々からするとこの山に奇岩のイメージはなく、お椀を逆さにしたような半円形の整然とした山容のイメージが強い。いま「羅漢山」と聞いて、修行僧のイメージを思い起こす人は少ないのではないか。なお、この山の北方には恐羅漢山という広島県の最高峰があるが、この山名の由来も羅漢=修行僧から来ている。
 3月22日、広島・山口県境の羅漢山(1109㍍)に登った。春分を過ぎてなお、残雪を求めての山行である。しかし、期待を裏切って残雪は山頂付近に名残をとどめるのみであった。むしろ羅漢の北、西中国山地の高峰が居並ぶあたりに白い峰々がきらめいていた。
 羅漢の山麓、標高1000㍍付近には牧場やキャンプ場、スキー場が整えられている。そのうちの、キャンプ場近くの駐車場に車を入れた。シーズンではないので貸し切り状態であった。頂上まで標高差150㍍ほどである。ゆっくり行って1時間ほどと見通しを立て、歩き始めた。
 ところが、標識を確かめて山道に踏み込んだにもかかわらず、針葉樹の植林帯の中で迷ってしまった。途中で道が消えたのである。ササや雑草を踏み分け、見当をつけて歩くうち、なんとか道らしきものを見つけられたからよかったが、もし見つからなかったら…と一瞬だが冷や汗ものだった。
 ルートを見つけてしまえば、後は登るばかりである。しばらくして「小羅漢まで0.2㌔」と表示した標識を見つけた。寄ってみると立派な展望台がしつらえてあった。上ると正面に吉和冠から寂地、右谷山へと続く稜線が広がった。
 この山の頂には、不思議なものが二つある。一つは、雨量を測定するためのレーダー塔で、建てたのは国土交通省。レーダーによって半径300㌔の範囲の降雨状況を測定するという。気象衛星の精度が格段に上がった現在、こうしたものが必要なのかは、素人には分からない。もう一つは、「磁石岩」。2億数千年前から8千年前にかけて地殻変動や岩石変成作用によってできた橄欖(かんらん)岩が強い磁力を持つに至ったとされる。なぜそうなったかは、これも素人なので分からない。とりあえずコンパスを近づけたところ、針が一回りしたので、名前に偽りなしと確認した。
 山頂からは、小羅漢と同様に寂地、吉和冠、十方山がよく見えた。ところが、自宅で地図を見ながら確認したところ、羅漢から見て恐羅漢は十方のほぼ真裏に位置することが分かった。では、十方山の西に見える雪山は…。自信はないが、島根県の広見山ではないかとの結論に至った。


IMG_1985のコピー.jpg

頂上直下の山道

IMG_1991のコピー.jpg

頂上展望台横にわずかな残雪

IMG_1994のコピー.jpg

羅漢山頂の標識

IMG_2000のコピー.jpg

磁石岩。コンパスを近づけると針が揺れる

IMG_2006のコピー.jpg

雨量計測用のレーダー塔

IMG_2013のコピーのコピー.jpg
中央が十方山。その左(西)は広見山か

IMG_2014のコピーのコピー.jpg
右のとがった頂が吉和冠。左へ寂地山への稜線が延びる


中国山地幻視行~春うらら・大峰山 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~春うらら・大峰山

  「うらら」は「麗」と書く。手元の辞書によれば、空が晴れて、太陽が明るく照っているようす。春の日をいう場合が多い―とある。3月19日、3連休の真ん中のこの日は、この言葉通りの一日だった。
 午前9時ごろ、広島市の近郊、大峰山(1050㍍)のふもとの駐車場に車を入れた。かつては分校のグラウンドであったが廃校となり長く放置されて雑木に覆われた。地元の人たちが整備して、立派な駐車場となった。
 男女一組の先客がいた。身支度を整えていると、続々と人が来る。まず女性のグループ。笑顔であいさつを交わす。続いてマイクロバス。降りてきたのは10人ほど。こちらは一人なので準備が整い次第、出発した。まず、別荘地帯の舗装された急坂を登る。いつもながら、楽しい道ではない。味気ない上に、結構な急斜面だからだ。息が切れてきたころ、カメラの携行を忘れたことに気づき、引き返した。おかげで、先ほどのマイクロバスの一行に追い越されてしまった。
 頂上に着いたころ、団体はもういなかった。どうやら、尾根伝いに行ける西大峰へと踵を返したらしい。女性3、4人のグループは頂上の大岩に陣取っていた。ザックに下げた温度計を見ると、気温20度。大岩の上からは360度の展望が楽しめるのだが、この日は春霞のため、遠くの山々は霞んでしまっていた。いつもはよく見える広島湾も、ベールの向こうである。北へ目を転じると、辛うじて恐羅漢山のスキー場のゲレンデと、その右隣り(北東)の砥石郷山が確認できた。そこからずっと左(西)に目を転じると、吉和冠の特徴ある不等辺三角形の山容も判別できた。その左(西)は広島・山口県境の羅漢山だろう。
 山を下り、車を走らせていると道路脇に季節遅れの白梅が咲いていた。麗らかな春の日に輝いているように見えた。

IMG_1944のコピー.jpg

北側斜面には残雪

IMG_1945のコピー.jpg

西大峰への尾根

IMG_1946のコピー.jpg

広島湾は霞んで見えない

IMG_1947のコピー.jpg
恐羅漢のゲレンデが見える。その右奥は砥石郷山

IMG_1954のコピー.jpg
雲一つない青空

IMG_1965のコピー.jpg

季節遅れ、梅ほころぶ


中国山地幻視行~残雪漫歩・深入山 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~残雪漫歩・深入山 

 懸案の仕事がひと段落した。窓の外はいい天気。久しぶりに出かけてみるか。しかし、このところ山はご無沙汰。間違いなく体はなまっている。どうしようか。思案をするより、出かけてみよう。
 深入山。国道からすぐ入ったあたりまで路面は雪で覆われていた。スノーシューを準備。ところが、最近はいていなかったためか、経年劣化のせいか、ゴムバンドが切れてしまった。急いで予備のカンジキに履き替える。スノーシューも、ずいぶん使ったな、そろそろ替え時か。とりあえず、カンジキをはき、急斜面を登った。
 予想に反して山はまだら模様だった。それもそうだ。もう3月も半ばに近い。それでも気を取り直し、雪のあるところを登る。雪質は硬い。急斜面なのでアイゼンの方がよかったか。途中で替えてみた。こちらの方が食い込みがいいようだ。
 しかし。雪は上に行くほど少なくなり、もうすぐ途切れそうだ。そこで、なぜか気が変わり、あちこち雪上を渡り歩くことにした。頂上を目指すだけが山登りでもないだろう。そんな気分で残雪漫歩の一日に。たまには、こんなのもありかな。


IMG_1924のコピー.jpg

あれ、雪がない

IMG_1931のコピー.jpg

スキー場のゲレンデがあるのは、広島県の最高峰・恐羅漢山

IMG_1936のコピー.jpg
この先は雪がなさそう…

IMG_1941のコピー.jpg
近くの丘には、何かのシュプールが一本