So-net無料ブログ作成

中国山地幻視行~オオヤマレンゲは咲いていた・恐羅漢山 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~オオヤマレンゲは咲いていた・恐羅漢山

 

 「この大きな岩の裏に回ってごらん」

 声をかけられ、裏手に回った。細い道をたどると複雑に組み合わさった岩場が現れた。ザックを置き、なんとか登り切ると別の声がした。

 「そこにあるよ。だけどまだつぼみだね」

 白いつぼみが鼻先にあった。周囲に枯れた花弁が二つか三つ。どうやら、この花は一斉に咲くのではないらしく、開花時期に時差があるようだ。

 「引き返してこの岩の下に回り込むと、ちょうど咲いているのがあるよ」

 その男性は親切に教えてくれた。

 岩の下に行くと、再び声がした。今度は女性が2、3人。

 「そこにありますよ」

 藪をかき分けると目の前にあった。

 「上にも、ね」

 見上げると2㍍ぐらいの高さの枝に花はあった。

 白い花弁の真ん中にめしべと、それを包むように薄いピンクのおしべがある。不思議な形である。白亜紀の裸子植物の面影を残すとも聞く。上部の枝にある花は、おしべが開き切っているように見える。いずれも下向きに咲いている。開花時期は短く、数日間らしい。花のかたちは先日見たホオノキと似ているが、ホオノキは上向きに咲く。

 付近には、釣鐘状をしたサラサドウダンの花も目に付いた。オオヤマレンゲとともに深山に咲く花である。

 梅雨入り宣言直後、晴れ間がのぞいた6月9日に恐羅漢山へ登った。目的はオオヤマレンゲを見ることであった。この花は、恐羅漢の山頂から30分ほどの位置にある旧羅漢山の山頂付近に咲く。ふだんは閑散としている旧羅漢は、この季節だけにぎやかである。



IMG_2918のコピー.jpg
深山にひっそりと咲くオオヤマレンゲ。姿に気品がある

IMG_2915のコピー.jpg
こちらのオオヤマレンゲは開花して時間がたっているようだ

IMG_2922のコピー.jpg
サラサドウダンも今が開花時期だった

IMG_2903のコピー.jpg
恐羅漢の山頂

IMG_2925のコピー.jpg
旧羅漢は恐羅漢より12㍍低い

IMG_2904-2.jpg
この日は晴れてはいたが湿気が多く、遠望はあまりきかなかった。正面左が臥龍山、右が深入山(恐羅漢の山頂から)
 

nice!(8)  コメント(2) 

nice! 8

コメント 2

Jetstream

タイミングよくオオヤマレンゲ、サラサドウダンが見れていいですね。スッキリとしたお天気なら、眺望が楽しめたでしょう。
by Jetstream (2018-06-11 22:36) 

asa

≫ Jetstreamさん
梅雨の晴れ間、オオヤマレンゲはどんぴしゃりのタイミングでした。幸運でした
by asa (2018-06-12 06:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。