So-net無料ブログ作成

中国山地幻視行~牛曳山から毛無山へ [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~牛曳山から毛無山へ

 

 心がざわつく景色がある。晩秋の山。紅葉は既に盛りを過ぎ、冬の到来を待つ白樺の林。日の影が長く伸びて、枯葉降り積む山道。何が心を揺らすのだろう。

 11月6日、比婆山連山の一角、牛曳から毛無を歩いた。1024日、この地を訪れた時には「紅葉にはまだ早い」とアドバイスを受けたコースである。ちょうど2週間が過ぎた。早くはなかった。というより、もう遅かった。白樺の紅葉はすでに終わり、ブナの黄葉がわずかに秋を物語っていた。

 それでも、歩くたびかすかな音を立てる枯葉の道は、人のぬくもりを宿しているようで心地よかった。牛曳の頂まで2.5㌔、1時間強でたどり着くと、あとは縦走路である。伊良谷山までは起伏が少なく、30分ほどで着ける。そこから、やや深い谷を駆け下りて登り返す。1時間足らずで毛無の山頂に立てる。

 同行者が指さす方向に、巨大な山塊が見えた。大山である。思ったより近い。先日「初冠雪」のニュースが流れたが、もう雪は消えたようだ。白く見えるのは、砂走であろう。

 毛無山頂で昼食を終えると、六ノ原までの下りルートを通った。出雲峠への分岐を過ぎると、紅葉が再び色を濃くした。午後の日差しが、去りゆく秋を演出した。

 

IMG_4722のコピー.jpg

落葉を踏んで山に入る

IMG_4729のコピー.jpg
白樺はすでに落葉していた

IMG_4733のコピー.jpg
もみじが逆光に映える

IMG_4738のコピー.jpg
つづら折りの道を行く

IMG_4744のコピー.jpg
紅葉。風雅なたたずまいである

IMG_4748のコピー.jpg

山道の横には、枯れそうで枯れない小さな滝がある

IMG_4765のコピー.jpg
牛曳の山頂は近い

IMG_2757のコピー.jpg

伊良谷山頂から、大山が意外に間近に見えた

IMG_4770のコピー.jpg
毛無から縦走路を振り返る

IMG_4772のコピー.jpg
毛無山頂。見上げれば秋の雲

IMG_4783のコピー.jpg

出雲峠への分岐を過ぎると、紅葉が濃くなった

 

nice!(5)  コメント(2) 

nice! 5

コメント 2

Jetstream

紅葉のタイミング、今年は早いようにおもいます。
落ち葉がいっぱいの登山道をあるくのも趣あり、落葉して明るい雰囲気もでるんでこれまた秋の深まりを感じますね。!(^^)!
by Jetstream (2017-11-08 22:51) 

asa

≫ Jetstream さん
落ち葉の積もった山道を歩くというのはいいものです

by asa (2017-11-11 07:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。