So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

中国山地幻視行~美は乱調にあり・佛通寺の紅葉 [中国山地幻視行]

中国山地幻視行~美は乱調にあり・佛通寺の紅葉

 

 1115日、三原の佛通寺を訪れた。

 見たところ、紅葉はピーク過ぎて枯れ始めと思った。その印象を若い僧侶にぶつけてみた。僧は、私の言葉を肯定しなかった。「紅葉は木によって時期が違います。よく見ればまだ緑のものもあります。既に盛りを過ぎているというのは、適当ではありません」。こんな答えだった。そうか、紅葉は桜とは違うのだ。桜は一斉に咲き、一斉に散る。そこに美学を感じる人もいる。しかし、紅葉はそうはならない。それぞれの木が葉を紅く染め、それぞれに枯れ、散っていく。そこに美学がある。乱調の美学である。

 平日というのに、寺の周辺は人であふれていた。紅葉の見ごろということだろう。しかし、「見ごろ」とは何だろう。ヒト社会の時の流れと自然界の時の流れ。先の僧の投げかけた言葉によって、考えなくてもいいことを考えてしまった。


IMG_4807のコピー.jpg

IMG_4813のコピー.jpg


IMG_4822のコピー.jpg


IMG_4824のコピー.jpg


IMG_4830のコピー.jpg


IMG_4844のコピー.jpg


IMG_4871のコピー.jpg


IMG_4882のコピー.jpg


タグ:紅葉 佛通寺
nice!(4)  コメント(0) 
前の1件 | -